« 「同盟を強める」は英語で、strengthen an alliance | トップページ | 殺虫剤は英語で、pesticide »

2015年2月15日 (日)

資本主義は英語で、capitalism

資本主義は英語で、capitalism

世界的な格差拡大に警鐘を鳴らす
「21世紀の資本」の著者、トマ・ピケティ氏が
4日間の日本滞在を終えて帰国しました。

いまさらですが、

資本主義について勉強しています。

的場昭弘さんの「大学生に語る 資本主義の200年(祥伝社新書)」

いま読んでいます。

ヨーロッパ─アメリカ文明の本質がわからないと、
資本主義が何かもわからない……。

それには歴史を知ることが必要だ。
ウクライナ問題も、格差問題も、TPP問題も、イスラム国の問題も根っこは同じ。
資本主義はどのようにして生まれ、拡大されていったのか。
いま私たちが見ている資本主義は、何ものなのか。




民主的な手段により、徐々に資本主義を社会主義に転換させる信念

the belief in a gradual transition from capitalism to socialism by democratic means

大恐慌という,資本主義諸国を襲った経済恐慌

the economic panic that struck capitalist countries in 1929, called the Great Depression

東側の社会主義国と西側の資本主義国との間の問題

ideological clashes between the socialist and capitalist countries




さて、

「21世紀の資本」の著者、トマ・ピケティ氏ですが、

とりわけ注目されたのが、資産の格差が世襲により固定化するとの主張。
ピケティ氏は「世襲社会が戻ってきている」と訴えているんですね。

不平等への主な解決策として示したのは、

資産が多ければ高率の税を課す「累進課税」。
そして、お金持ちにも貧しい人にも同じ率でかかる消費税増税への反対姿勢なんです。

私たちも、一度、真剣に取り組むべき課題かも

« 「同盟を強める」は英語で、strengthen an alliance | トップページ | 殺虫剤は英語で、pesticide »

英語で表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198492/61138584

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義は英語で、capitalism:

« 「同盟を強める」は英語で、strengthen an alliance | トップページ | 殺虫剤は英語で、pesticide »

今日の名言・格言

おすすめの情報誌

無料ブログはココログ

Google+

  • Google+