« 余震を英語(英訳)で、aftershock | トップページ | 自律神経失調症は英語(英訳)で、autonomic imbalance »

2016年4月22日 (金)

マグニチュードは英語(英訳)で、magnitude





マグニチュードは英語(英訳)で、magnitude


マグニチュードとは、‥

地震のマグニチュードは、地震そのもののエネルギーの大きさ(規模)を

表すものさしで、日本の地震学者・和達清夫の地震地図に着想を得て、

アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案したそうです。



Photo




マグニチュードと震度(seismic intensity)の違いは、‥

一方、「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが

生活している場所での揺れの大きさ(強さ)を表したもので、

マグニチュードとは根本的に違っているわけです。

例えば、マグニチュードの小さい地震でも震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ、

「震度」は大きくなります。

*震度:earthquake intensity、seismic intensity



ちなみに、

マグニチュードが1増えるとエネルギーは約31.62倍、

2増えると1000倍となるそうです。



マグニチュード7 → 大地震
マグニチュード8 → 巨大地震
マグニチュード9 → 超巨大地震
マグニチュード10 → 超巨大地震(地球上で起こり得る最大の地震)

これまでの観測史上のマグニチュード最大値は、

1960年のチリ地震で、マグニチュード9.5

2004年のスマトラ島沖地震は、マグニチュード9.1~9.3



さらに、

マグニチュード11以上は、

恐竜絶滅の原因と推定されている、

小惑星が地球に衝突した時に発生した地震だとか。







‘Impossible to remain standing': Japan’s earthquake intensity scale

Bloomberg

On April 15, the day after the first earthquake struck Kyushu,
all of the nation’s major newspapers carried the same headline:
“Shindo 7 in Kumamoto.” No further explanation was needed.

When Japan’s earthquake-battered populace feels the ground shake,
it looks to its TVs and Twitter feeds to check not only the magnitude,
but the shindo, or shaking intensity.

*explanation:説明
*populace:一般大衆
*shaking intensity:地震の強さ



« 余震を英語(英訳)で、aftershock | トップページ | 自律神経失調症は英語(英訳)で、autonomic imbalance »

英語で表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198492/63522462

この記事へのトラックバック一覧です: マグニチュードは英語(英訳)で、magnitude:

« 余震を英語(英訳)で、aftershock | トップページ | 自律神経失調症は英語(英訳)で、autonomic imbalance »

今日の名言・格言

おすすめの情報誌

無料ブログはココログ

Google+

  • Google+