2013年2月23日 (土)

A Good Day to Die Hardはインディアンの言葉とか

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
(北米題:A Good Day to Die Hard)は、ジョン・ムーア監督、
ブルース・ウィリス主演による2013年のアメリカ映画。

初作から25年目、前作から6年ぶりに制作された、
シリーズ5作目である。原題は、インディアンの言葉である
「死ぬにはいい日だ(="It's a good day to die.")」のもじり。

2013年2月7日には香港・シンガポール、
そして2013年2月14日には全米・日本などで公開された。

A Good Day to Die Hard is a 2013 American action film
directed by John Moore and written by Skip Woods.

It is the fifth installment in the Die Hard film series.
Bruce Willis reprises the lead role of John McClane,
who travels to Russia to help his estranged son, Jack
(Jai Courtney), out of prison, but is soon caught
in the crossfire of a terrorist plot.



2013年1月13日 (日)

ドラッカーの名言(英語):強みを発揮させ、弱みを無意味にする

ドラッカーの名言(英語)です。

マネジメントとは、人にかかわるものである。

その機能は人が共同して成果をあげることを可能とし、

強みを発揮させ、弱みを無意味にすることである。

Management is about human beings.

Its task is to make people capable of joint performance,

to make their strengths effective and their weaknesses irrelevant.

(ドラッカー名言集、No80から)

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる。

他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドルッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった。

もともと、ドルッカー家(ドラッカー家)はオランダにいたポルトガル系ユダヤ人(セファルディム)の家系で、後にオーストリアに移住した。

今日の名言・格言

おすすめの情報誌

無料ブログはココログ

Google+

  • Google+