2013年7月 8日 (月)

海の日はMarine Day,a Japanese national holiday

海の日はMarine Day,a Japanese national holiday

Marine Day, also known as "Ocean Day" or "Sea Day", is a Japanese national holiday celebrated on the third Monday in July.

The purpose of the holiday is to give thanks to the ocean's bounty and to consider the importance of the ocean to Japan as an island nation. Many people take advantage of the holiday and summer weather to take a beach trip. Other ocean-related festivities are observed as well.



海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。
日付は7月の第3月曜日。

海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から
施行された日本の国民の祝日の一つである。
制定当初は7月20日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正
(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを
趣旨としている。国土交通省の文書の記述などによると
「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は
唯一日本だけ」という。


2013年3月 6日 (水)

リンゴのマークは、ジョブズがビートルズを尊敬していたから‥

アップル社のトレードマークは、ご存じのようにリンゴ。

なぜ、りんごなのでしょうか?

いろいろな噂がありますが、

1.ジョブズがビートルズを尊敬(ビートルズのレコード会社名がアップル)していたから
2.同じくジョブズがフルーツダイエットをしていた時期があって、そのころリンゴだけ食べればシャワーを浴びる必要が無いと考えていたことから
3.リンゴは知恵の実で良いイメージ
4.電話帳の最初のほうに掲載したかった

などなど

Apple was established on April 1, 1976,
by Steve Jobs, Steve Wozniak and Ronald Wayne
to sell the Apple I personal computer kit.

The kits were hand-built by Wozniak
and first shown to the public
at the Homebrew Computer Club.

Steve Jobs and Steve Wozniak were Beatles fans,
but Apple Inc. had trademark issues with Apple Corps Ltd.,
a multimedia company started by The Beatles in 1967,
involving their name and logo.

This resulted in a series of lawsuits and
tension between the two companies.
These issues ended with settling
of their most recent lawsuit in 2007.

2012年11月22日 (木)

人類の知性は6千年前ごろをピークに低下??

こんな説を米スタンフォード大の
ジェラルド・クラブトリー教授が米科学誌セルの関連誌に発表した。

Is pampered humanity getting steadily less intelligent?

Humans reached a peak of intelligence more than 2,000 years ago
and it's been downhill ever since, a scientist speculates

Since modern humans emerged from the evolutionary brambles
of our ancient ancestry, our bodies and minds have been
transforming under the pressures of natural and sexual selection.

But what of human intelligence? Has our cognitive ability
risen steadily since our forebears knapped the first stone tools?
Or are our smartest days behind us?

【中村浩彦】人類の知性は2千~6千年前ごろをピークにゆっくりと
低下し続けているかもしれない――。

こんな説を米スタンフォード大のジェラルド・クラブトリー教授が
米科学誌セルの関連誌に発表した。

 教授の論文によると、人類の知性の形成には2千~5千という
多数の遺伝子が関係しており、ランダムに起きる変異により、
それらの遺伝子は、働きが低下する危険にさらされている。

一瞬の判断の誤りが命取りになる狩猟採集生活を送っていたころは、
知性や感情の安定性に優れた人が生き残りやすいという自然選択の結果、
人類の知性は高まっていった。

grandparents often pamper the children

祖父母はしばしば子供を甘やかす

2012年8月10日 (金)

雌伏 という漢字、読めますか?

「しふく」と読みます。

それでは、雌伏の意味を知っていますか?

本来は、雌鳥が雄鳥に服従することを指す。

対義語は「雄飛」

転じて、強い力を持った人や組織などに屈服すること。

または、そのような状況で、いずれ訪れるであろうチャンスをじっと待つこと。

いまさらですが、どんな言葉の意味もネットを利用するとすぐにわかります。

さらに、雌伏を英語で表現すると、どうなるのでしょうか?

たとえば、例文として、

K 氏はいったん奪われた将棋の名人位を雌伏 2 年で

T 氏から奪回した. Mr. K recaptured the title of Grand Master of Shogi from Mr. T, after two years of lying low awaiting his chance.

平治の乱の敗戦後は紀州熊野に雌伏。

After being defeated in the Heiji Rebellion, he bided his time in Kishu Kumano.
- Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

便利な世の中になりました!

2007年1月28日 (日)

人生に無駄はない

 かどうかはわかりませんが、そういいきかせています。

こんな話に遭遇しました。

古いお説教の本に紹介されていた話。
 あるところに、縁起かつぎのお爺さんがいた。
 あるお正月のこと。朝早くから起きて、顔を洗い、まずお仏壇にお灯明をあげようとした。
 すると、お仏壇の隅に黒い変なものがあるのが目についた。
 何だろうと思って、それを手にとって見ると、薄汚れた雑巾。きっと、前の日の大掃除で、誰かが置き忘れたのだろう。
 ところが、日ごろから清潔好きで、縁起かつぎのお爺さんにはたまらない。
「誰だ、こんなものをここに置いたのは!」
大きな雷が落ちた。
 たいへんな剣幕に恐ろしがって、誰ひとり返事するものがない。
「誰も返事しないな。きっと誰かがワシに嫌がらせをしようとして、この家に災難のあるように、元旦早々、こんな不吉なことをしたんだろう。あーっ、腹が立つ。誰がしたのか言わぬか!」
 家の者がみなバタバタと逃げ回っていると、隣の歌詠みの先生が飛び込んで来た。この騒ぎを聞きつけ、心配してやって来たのだ。
「まあまあ、今日は元旦ですよ。何をそんなにご立腹なんですか」
「先生、じつは…」
「なるほど、それもごもっとも。しかし、これは不吉どころか、大層めでたいことですよ」
「なんで、こんなうす汚い雑巾がめでたいか。馬鹿にするな」
「いやいや、その訳はこうなんです。今、私が一首詠みますから、それで納得がついたら、ご機嫌をなおして下さい」
雑巾を当て字で書けば蔵と金 あちらふくふく こちら福々
 縁起かつぎのお爺さんは、たちまち納得、無事に納まりがついたというお話。
 案外、私たちもこんな取るに足らない縁起かつぎをしているかもしれませんね。
 この縁起ということですが、私たちの人生のさまざまな出来事、出会いに別れ、幸に不幸…。自分にとっての良いことも縁、自分にとっての悪いこともまた縁。縁との遭い方によって、人生模様が織りなされてきます。
 人生、どんな縁に遭おうとも、たった一度きりの人生。大切に生きてまいりましょう。

(北海道小樽市・長昌寺 麻上昌幸)

今日の名言・格言

おすすめの情報誌

無料ブログはココログ

Google+

  • Google+